2018/5/7 Re:Start

環境音で集中力アップ!ブラウザで手軽に利用出来る「Noisli」のススメ

Noisli

こんばんは、ライフハック術に目がない白河せせらぎです。

皆さん、作業BGMをかけて作業しますか?
好きな音楽? Youtube? それともテレビ?

私はウォークマンで好きな曲を流すか、YoutubeでJAZZとかカフェで流れていそうなBGMを流しながら作業していたのですが、少し前からYoutubeの広告が頻繁に再生されるようになり、作業の妨げになるのが気になっていました。

最近よく使っているのが環境音を自由に組み合わせて再生出来るウェブサービス「Noisli」です。

Noisliのウェブサイトはこちら

環境音とは、雨の音、風の音、虫の音、車など機械の動作音など身の回りにあるちょったとした効果音、雑音のことをいいます。日常で自然に耳に入ってくる音ですね。

「え、身の回りにある音を再生して何になるの?」と思われる方もいるかもしれませんが、これがなかなかに良いです。歌詞入りの曲を聞いたり、何も音を再生せずに作業する時と比べて圧倒的に生産性が上がっている気がします。

それでは「Noisli」がどういうものなのかご紹介しましょう。

Noisliの特徴

16種類の音源を組み合わせることが出来る

Noisliは以下の16種類の音源を自由に組み合わせて再生することが出来ます。

・Rain(雨)
・Thunderstorm(雷雨)
・Wind(風)
・Forest(森林)
・Leaves(葉)
・Water stream(水の流れ)
・Seaside(海辺)
・Water(水)
・Fireplace(焚き火)
・Summer night(夏の夜)
・Coffee shop(コーヒーショップ)
・Train(列車)
・Fan(ファン)
・White noise(ホワイトノイズ)
・Pink noise(ピンクノイズ)
・Brown noise(ブラウンノイズ)

使い方は簡単。
アイコンをクリックして好きな音を再生して、音量を調整するだけ。

音源のオン/オフだけではなく、各音源の音量を自由に設定することが出来るため、よりリアルに近い環境音を作ることが出来ます。日常、身の回りで鳴っている音って一種類ではないですよね?

因みにホワイトノイズ、ピンクノイズ、ブラウンノイズといったノイズ系の音もあります。
これらのノイズは簡単にいうと周りの騒音をかき消してくれる心地よい雑音です。
わかりやすい例を出すと、アナログテレビが受信出来ないときの「ザー」っていうような音ですね。

ブラウザベースだから、どこでも使える

インストールタイプのソフトウェアではなく、ブラウザ上で動作するウェブサービスのため、インターネットにアクセス出来る環境であれば、どこでも使えるのが魅力です。

また、アカウントを作っておけば、5個まで音の組み合わせをお気に入りとして保存出来ます。とにかく生産性を高めたい時、リラックスしたい時、その時々の気分に合わせて設定を保存しておくと良いですね。

ランダム生成機能

「Randam(ランダム)」「Productivity(生産的)」「Relax(リラックス)」といった3つのボタンが予め用意されており、音の組み合わせを自動で作成してくれます。

ボタンを押す毎に音の組み合わせと音のボリュームが変わります。同じ音の組み合わせでもボリューム次第で雰囲気が変わりますので、最初はこの機能を使ってどの音が自分にとって心地良いか試してみるのがいいと思います。

「これ良いな」と思った音の設定を見てみると、ファンの回る音がとても小さい音で設定されていたりして、複雑に組み合わさってるなと関心します。

タイマー機能

指定した時間で音を止めるタイマー機能もあります。
音が鳴っている間の時間を作業時間の区切りにするのもいいですね。

まとめ
Noisliはウェブページにアクセスするだけで使用出来る手軽な環境音再生ツールです。
普段好きな曲をかけて作業されている方も一度試してみてはどうでしょうか? 気がついたら黙々と作業をしている、そんな体験が出来ると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA