modelax

LightWave 3Dを使った3DCG製作記

MMD

MikuMikuDanceでトランザムを再現する方法【MMD講座】

MikuMikuDanceでトランザムを再現する方法【MMD講座】

PMX Editorでモデルにトランザムモーフを実装する方法の紹介です。トランザムは既に専用エフェクトがありますが、残念ながら私の環境では動きませんでした。そのため、今回はモデルに材質モーフを設定して、モーフでON/OFFを切り替える方法です。同じようにやれば、上の画像のようなトランザムが再現出来ます。今回はトランザムを再現するのが目的ですが、応用でRGシステムとかFXバーストモードも再現出来ると思います。

アメイジングエクシアのモデルはこちらで配布していますので下記内容の確認にどうぞ。

1.反射調整モーフの作成

まずは「AutoLuminous4」に対応させるために、反射色と反射強度を調整する材質モーフを作成します。モーフパネルの左側のモーフリストのところで右クリック→新規モーフ作成→「材質(M)」を実行。これでモーフリストに新規モーフが追加されます。
材質モーフの作成

続いて材質パネルに切り替えます。調整したい材質を選択し右クリック→「Indexコピー(X)」を実行。
(※この時、カメラ類の材質は選択しません。手順4で別モーフで設定します)
材質からIndexコピー

再びモーフパネルに戻り、新規モーフを選択→右側の空のリストのところで右クリック→「Indexコピーから追加(V)」を実行。そうすると先程コピーした材質がモーフにコピーされます。
材質モーフに材質をコピー

次に材質名をダブルクリックして、材質モーフ編集画面を開きます。
材質モーフ編集ウィンドウを開く
オフセット演算方式を「加算」に変更し、「全て0」をクリック。これで下準備は出来ました。あとは元の材質の設定を参考にしてモーフのパラメータを調整します。材質のパラメータと合わせて、反射色が合計で0に、反射強度が合計で100になるようにプラスかマイナスの値を入力します。入力し終わったら、OKを押して終了。全材質分、この設定を行います。これで反射調整モーフ作成は終了です。
反射色と反射強度を調整

2.色調整モーフの作成

手順1と同じ方法で、新規材質モーフを作成し、Indexコピーで必要な材質をリストに入れます。材質モーフ編集ウィンドウも同じように「加算」に変更し、「全て0」をクリックします。今回は反射調整とは違いモデル毎に値の調整が必要です。赤くしますので、拡散色のRの値に加算して様子を見ながら、GとBの値を引きます。とりあえず悩んだら、下記のような比率で試してみたら良いと思います(例題のエクシアも青以外はこの設定です)反射の時と同じように全ての色に同様の設定をして、色変更関係のモーフ作成は終了です。
拡散色のRの値に加算して様子を見ながら、GとBの値を引きます

3.発光調整モーフの作成

続いてAutoLuminousの発光レベルを調整するモーフを作成します。本当は反射調整モーフの方に盛り込んでもいいのですが、今回は微調整出来るようにしたかったので、別モーフにします。

先の2つと同じようにモーフを作成し設定したら、反射強度のところに+の値を入れます。あまり大きな数字だと光り過ぎるため、4~5ぐらいの値が良いと思います。こちらも全ての材質に設定を行います。
反射強度のところに+の値を入れます

4.カメラ・コンデンサ発光モーフを作成

トランザム時にはカメラとコンデンサが白に近い色に変化します。これを発光で再現するために、専用の材質モーフを作成しておきましょう。手順は反射調整モーフと同じです。反射色が0、反射強度が100になるように材質モーフを作成すればOKです(反射調整モーフと分けるのは発光単体でも使用出来るようにするためです)

5.グループモーフでまとめる

反射調整と色調整は必ず0か1の値でしか使用しないON/OFF切替のモーフのため、グループモーフで一つにまとめてしまいましょう。まとめると2つのモーフで調整出来るようになり、便利です。反射調整と色調整を選択し右クリック→「グループモーフにまとめる(G)」を実行すると、2つのモーフがひとつになったグループモーフが作成されます。このモーフのONでトランザム状態に切り替わりますので、モーフ名は「トランザム起動」とかにしておけばいいと思います。
「グループモーフにまとめる(G)」を実行
グループモーフ名の変更

6.表示枠の追加

MMDで操作出来るように表示枠にモーフを追加します。「表示枠」タブに切り替えて、[表情]を選択→右端のモーフのところで先程作成したモーフを選択して、追加をクリック。これでMMDで使用する準備が出来ました。ファイルを保存してPMX Editorを終了します。
表示枠の追加

7.MMDで表示を確認する

モデルを読み込んだら、左下のモデル操作パネルを「カメラ・照明・アクセサリ」に切り替えます。切り替えたら、アクセサリ操作パネルの読み込みから「AutoLuminous.x」を読み込みます。
「AutoLuminous.x」を読み込みます

AutoLuminousを読み込めたら、左下のモデル操作から作成したモデルに切り替えます。切り替えたら、表情操作にある作成したモーフのスライダーを調整します。先ずはグループモーフ(反射調整+色調整)をスライダー端(1.0)まで移動。続いてモデルの状態を見ながら、発光調整モーフを調整します(スライダーは0.2もいかないぐらいがいいのではないかと思います)最後にカメラ・コンデンサの発光モーフを調整すれば、トランザムの完成です。
トランザムモーフの調整

以上がPMX Editorを使ったトランザムの再現方法でした。さらにモデルにエフェクトを掛けると見え方も変わってくるので、色々なエフェクトを試してみてください(画像のエクシアはフィギュアエフェクトも併用しています)

ダブルオー関連のモデルも少しずつ増えてきているので、この記事が皆さんのモデルにトランザムを組み込むきっかけになれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

URL
TBURL

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top